洗濯機・乾燥機の選び方

洗濯機・乾燥機の選び方、比較、検討の仕方、特徴について基本を簡単にご説明します。

洗濯機の選び方は、洗濯の仕方と洗いたいものから考えると良いでしょう。

朝、洗濯物を干して出かけられない人には乾燥まで出来るタイプ、洗いたいものがシルクや革など家庭では通常洗えないものに対応した製品などで選ぶポイントが変わってきます。

基礎知識 洗濯機のタイプ

全自動洗濯機/簡易乾燥機能付洗濯機

洗濯から脱水までを自動で行う洗濯槽が縦型の洗濯機です。

縦型の洗濯機はドラム式よりも洗浄力は上で、乾燥機能や節水機能は劣ると言われています。

2万円台から1~2人暮らし向け(洗濯容量4.2kg、5kg)の商品があり、ファミリーサイズ(洗濯容量6kg以上)は4万円台からラインナップが揃ってきます。
全自動洗濯機
洗濯乾燥機

洗濯から脱水、さらに乾燥までを自動で行う洗濯機です。

タイプは縦型とドラム式があり、9万円程度からヒーターによる温風式の商品が見られます。

衣類が熱で縮んだり傷んだりしにくいヒートポンプ式の商品は15万円くらいからになります。

ヒートポンプ式はエアコンの除湿機能のような乾燥方式です。

ドラム式洗濯機

ドラムの洗濯槽を横にして回転させて、洗濯物を上から下へ落としてたたき洗いをします。

乾燥機能は縦型がシワがつきやすい、衣類を傷めやすいと言われているのとは対照的に、柔らかくふっくら仕上げることができます。

洗浄力は縦型に劣り洗濯時間も長くなりますが、乾燥機能や節水機能に優れています。

しかし、騒音や振動が比較的大きいのでマンションや集合住宅の方は、その点の考慮が必要になります。

ドラム式洗濯乾燥機
二層式洗濯機

洗濯槽と脱水槽がそれぞれわけられているタイプです。

脱水しつつ、次の洗濯物を洗うという事が出来るので、まとめて沢山の洗い物をしたい方には選択候補の1つになるでしょう。

また、カビなどが発生しづらく衛生的と言われています。
二層式洗濯機
縦型(回転式)とドラム式の簡易比較

縦型(回転式)とドラム式ではそれぞれ得意としているものが違います。主な項目を確認できる目安を載せました。

◎-かなり良い ○-良い △-ふつう ×-悪い
  縦型(回転式) ドラム式
洗浄性能 ◎ ○
洗濯時間 ○ ×
乾燥性能 ○ ◎
乾燥時間 △ △
節水性能 × ◎
静音性能 ○ ×
消費電力(洗濯まで) ○ ×
消費電力(乾燥まで) △ △
本体重量 ◎ ×
設置スペース ◎ ×

縦型(回転式)ドラム式

インターネットで購入者の感想などを調べてみると、ドラム式は購入者の期待値に届かなかったという書き込みがやや多く見られます。

マイナス意見の内容は、振動の大きい、設置スペースを広くとってしまう、ドアの開け閉めが使いにくいなどの声が多いようです。

選び方 利用スタイルから選ぶ

天日干し派

オススメ - 全自動洗濯機、二槽式洗濯機

基本的に天気の良い日に外で乾燥させるという方には、全自動洗濯機、二槽式洗濯機が良いでしょう。

もちろん予算に余裕があれば、乾燥機能付、簡易乾燥機能付の商品も候補にはいります。

部屋干し派

オススメ - 乾燥機能付洗濯機(縦型、ドラム式)

日中、仕事で外出するため外に干して出かけられない、幹線道路に面していて外に干したくないという人には、乾燥機能が付いた商品がオススメです。

マンションなどで騒音や振動が気になる方、夜間の利用が多くなる方にはドラム式より縦型のほうが良いでしょう。

洗濯機の主なメーカーとシリーズの特徴

洗濯機は東芝、日立、パナソニックの国内3社がシェアの7割前後を占めています。洗濯機のタイプはドラム式よりも縦型のほうが少し人気があるようです。

東芝(TOSHIBA) 代表シリーズ:ZABOON(ザブーン) 代表機種:TW-Z9100、AW-90GF

静音性が高く、夜間に家事をする方に人気があります。電気代がわかる省エネ機能のいち早い搭載なども注目される点です。

TW-Z9100 タイプはドラム式で独自のサスペンションやモーターを使用し、スピード・洗浄力・静音性をバランス良く実現していて人気です。洗濯9kgを約35分という縦型洗濯機も抜くほどの早さを実現しています。

AW-90GF 縦型の簡易乾燥機能付、洗濯9kgの大容量タイプです。パワフルエアドライという乾燥機能で3kg程度の衣類を乾燥させることが出来て人気です。

 

日立(HITACHI) 代表シリーズ:ビートウォッシュ、ビックドラム、白い約束 代表機種:BD-V7300、BW-D9MV

洗浄力を高める「ビックドラム」、乾燥シワをおさえる「風アイロン」、省エネを達成させた「ヒートサイクル乾燥」など高い性能をもっています。

BD-V7300 ビッグドラム、風アイロン、ヒートサイクルを搭載したドラム式の人気機種。性能に対して消費電力量も小さくすぐれた商品です。

BW-D9MV 縦型の高級機種で、業界初の洗濯槽の自動そうじ機能を搭載し、少ない水量で洗うたたき洗いやたっぷりの水量で洗うため洗いなどの洗濯ができます。

 

パナソニック(Panasonic) 代表機種:NA-VX7000、NA-FR80S5

狭い日本の住宅事情にマッチした「ななめドラム」を生み出したメーカーで、さらにコンパクトなタイプのドラム式洗濯機も発売しています。

汚れを感知して最適な洗濯を行う「エコナビ」も全商品に搭載されて人気です。

NA-VX7000 ななめドラムの代表格。乾燥でヒートポンプを使い大幅な省エネを実現するだけでなく、「ジェット乾燥」により乾燥シワも軽減。「全方位シャワーとダンシング洗浄」により高い洗浄力も持っています。

NA-FR80S5 縦型タイプの商品で、少量の水で洗う「エコウォッシュ」とデリケートな衣類を洗える「上質おうちクリーニング」の他に「パワフルコース」など洗浄コースが豊富です。

 

シャープ(SHARP) 代表シリーズ:Ag+イオンコート 代表機種:ES-V520、ES-TX910

縦型の洗濯槽汚れを減らす「穴なし槽」や室内干しの臭いを抑え、洗濯槽のカビを防ぐプラズマクラスターイオンなどの商品が人気です。

一人暮らしに適した小さい容量の商品も充実させています。

ES-V520 除菌効果のあるプラズマクラスターイオン、風で洗濯シワを軽減する「スチーム・風プレス」機能を搭載したドラム型です。また、2Kgを60分で洗濯乾燥できるという「毎日洗乾コース」も特徴です。

ES-TX910 プラズマクラスター搭載の縦型洗濯機。独自の除菌機能Ag+イオンコートの穴なし槽は、節水効果とカビ防止効果で人気があります。ふた裏にハンガーを掛けて乾かす「ハンガードライ」機能を新たに搭載してより魅力的になっています。