石油ファンヒーターの選び方

石油ファンヒーターの選び方、比較、検討の仕方、特徴について基本を簡単にご説明します。

石油ファンヒーターの選び方

石油ファンヒーターは、灯油の燃焼で熱を発生させ、送風機能を使って部屋の空気を循環させながら暖める器具です。

非常に暖房能力が高く、すばやく部屋を暖めることができます。燃料は灯油と電気を使いますが、エアコンを除く暖房器具の中でも最も経済的なもののひとつと言えるでしょう。

製造しているメーカーによって、着火速度に優れたものや節電機能に優れているものなど、差がありますので、しっかり比較検討することをおすすめします。

 チェックポイント1
石油ファンヒーターの特徴を理解しよう

石油ファンヒーターは、ファンを使って空気を循環させるため、部屋全体を暖めるのに適した暖房器具です。

石油ストーブやオイルヒーターなどよりも、短時間で部屋を暖めることが可能です。

使用する際には灯油と電気を使いますが、エアコンを除く暖房器具の中では一番経済的と言えます。

ただ、ファンを回すのに電気を使うため、万が一、停電などが起きた時には、当然ながら使用できません。

そのため、電気を使わない石油ストーブの購入を検討する人も増えています。

以下に、石油ファンヒーターについてチェックすべき項目をまとめてみました。

有効範囲:木造8~15畳/コンクリート10~20畳程度の商品がメイン

速暖性:早い

換気:定期的な換気が必要

燃料:灯油と電気

給油:必要

ランニングコスト:約6円/時間

(石油・ガスファンヒーター < 石油ストーブ < 電気ストーブ < オイルヒーター)

騒音:やや静か(ファンの音はあり)

注意点:部屋の掃除はこまめに

フィルターが詰まると暖房効率が落ちるため、2週間に1度程度フィルターの掃除が必要となります。

使用時には床のホコリを舞い上げてしまうことがあるので、こまめなお部屋の掃除も大切です。

昨シーズンの古い灯油は使用しないこと

古い灯油は不完全燃焼を起こしやすく、一酸化炭素を発生する危険性が高くなります。

また、暖房器具の寿命を縮めたり、故障の原因となったりすることもあります。

古い灯油はガソリンスタンドや販売店で引き取ってくれるところもあるので、問い合わせてみましょう。

 チェックポイント2
お部屋のサイズに合わせて選ぼう

石油ファンヒーターを効率よく使用するために、お部屋のサイズに合わせた暖房性能の製品を選ぶことが重要です。

製品には、暖房の有効範囲を「木造8畳/コンクリート10畳」のように表示してありますが、購入の際には、お部屋のサイズよりも少し余裕のあるものを選んだ方が無難です。

特に、気密性の低い木造家屋の場合、表示されているサイズでは部屋全体を充分に暖められないこともあります。

暖房性能は、実際のお部屋の大きさに1~2畳プラスしたものがおすすめです。

ただし、性能が良くなると灯油の消費量が増える場合もありますので、注意しましょう。

 チェックポイント3
デザイン・使い勝手で選ぼう

石油ファンヒーターは、本体の色や形、薄さ、吹き出し口の位置など、デザインが異なるモデルがたくさん発売されています。

置く場所やインテリアなどに合わせて、好みのデザインを選ぶとよいでしょう。

また、スピード着火機能や低騒音・消臭機能を装備したモデルなど、メーカーによって機能もさまざまですので、しっかり比較・検討してください。

なお、大容量のタンクを採用している製品などは、長時間給油せずに済むので便利ですが、一方ではタンクが重くなって、高齢者や女性では扱いが難しくなってしまうこともあります。

使用する場所や人によって、最適な商品を選ぶことが大切です。

 チェックポイント4
メーカーサイトをチェックしよう

石油ファンヒーターを製造・販売しているメーカーをまとめてみました。

メーカーによっては、着火速度が速いものや、消費電力が少ないものなど、さまざまな特徴がありますので、よく比較して自分好みの石油ファンヒーターを見つけましょう。

コロナ(CORONA)

メーカーサイト:http://www.corona.co.jp/

石油ストーブや石油ファンヒーターなどの暖房器具をメインに、エアコン・除湿器・加湿器などの空調機器も多数ラインナップしています。また、給湯器や温水器などの住設機器の製造・販売も行っているメーカーです。

他社に比べると、消費電力の少ない商品が多いようです。ただし、着火速度はやや遅めになっています。

   

トヨトミ(TOYOTOMI)

メーカーサイト: http://www.toyotomi.jp/

石油燃焼機器・家電機器メーカーとして、長い実績を誇るトヨトミ。

石油ファンヒーターでは、排気をクリーンにし、前シーズンの灯油も使用可能にした「エコバーナー」や、人の気配を感じて運転を切り替える「省エネセンサー」など、先進の機能を搭載した製品を販売しています。

  

ダイニチ(DAINICHI)

メーカーサイト:http://www.dainichi-net.co.jp/

業務用の石油ストーブで培った技術を活かして、数々のヒット商品を生み出してきたダイニチ。
現在のラインナップでは、FBタイプのみになりましたが、以前は放熱窓から青く燃える炎の見える商品が印象的でした。

40秒のスピード着火、低騒音ボックス構造、パワフル秒速消臭システムなどのほか、さまざまな機能が装備されています。

他社と比べると、消費電力がやや大きい製品が多いようです。

  

アラジン(Aladdin)

メーカーサイト:http://www.aladdin-aic.com/

アラジンらしいおしゃれなデザインの石油ファンヒーター、「AJ」シリーズをラインナップしています。

「AJ」シリーズは、見た目もさることながら、臭いを抑える「3段消臭」や「遠赤外線機能」、「エコ機能」など機能面でも充実したモデルです。