ガスストーブの選び方

ガスストーブの選び方、比較、検討の仕方、特徴について基本を簡単にご説明します。

ガスストーブの選び方

ガスストーブは、都市ガスやプロパンガスを燃焼させ、輻射熱*(ふくしゃねつ)でお部屋をじんわりと暖める暖房器具です。

石油ストーブのような臭いもほとんどなく、給油の必要もありません。

ファンヒーターのように温風を出すタイプの器具ではありませんので、ハウスダストに弱い方や乾燥が気になる方などは、購入を検討してもよいでしょう。

 チェックポイント1
ガスストーブの特徴を理解しよう

ガスストーブは、石油ストーブと類似した機能を持つ暖房器具ですが、燃料がガスである点が大きく異なります。

燃料はガス栓から供給されるため、石油ストーブのように給油の必要がありませんし、臭いもほとんどありません。

着火するのに電源は不要で(乾電池が必要なモデルもあります)、停電の時にも使用できます。

ただし、ガスの燃焼を伴いますので、定期的な換気は必要です。

ガスストーブを利用するためには、ストーブを設置する場所にガス栓が必要ですが、キッチン以外にガス栓がないお宅がは新たにガス栓を設置する配管工事が必要となります。

お近くのガス会社などに相談してみるとよいでしょう。

(最近のマンションなどでは、すでに設置されているお部屋もありますのでご確認ください)

ガスストーブは、比較的小型で持ち運びに便利な製品が多いのですが、製品とガス栓をホースでつなぐ必要があるため、置き場所が限られてしまうというデメリットがあります。

また、ガスストーブには、都市ガス用とプロパンガス用の製品があり、お使いのガスがどちらかを確認しておく必要もあります。

都市ガスの場合は、提供するガス会社によって規格が異なりますので、引っ越しのときや新たに購入する際には、必ず規格を確認しましょう。

有効範囲:木造6~12畳/コンクリート8~16畳程度の商品がメイン

速暖性:早い

換気:必要

燃料:ガス

給油:不要

騒音:静か

ランニングコスト:約8円/時間 ※都市ガスの場合 (石油ファンヒーター < ガスファンヒーター < 石油ストーブ < 電気ストーブ < オイルヒーター)

 チェックポイント2
お部屋の広さに合わせて選ぼう

ガスストーブを選ぶ際に最も重要なのは、使用するお部屋の広さや構造に合わせて製品を選ぶことです。

製品には「木造○畳まで、コンクリート○畳まで」のように表示されていますので、お部屋の広さ+2~3畳くらいの余裕を持って選ぶと良いでしょう。

ガスストーブの暖房性能は、○号と表示されている場合がありますので、対応するお部屋の大きさを確認しておきましょう。

15号:木造 6畳まで コンクリート8畳まで

25号:木造 9畳まで コンクリート12畳まで

35号:木造12畳まで コンクリート16畳まで

50号:木造15畳まで コンクリート21畳まで

 チェックポイント3
ガスストーブのタイプを選ぼう

ガスストーブは石油ストーブと同様に、角形の『反射式タイプ』と丸形の『全周放射式タイプ』の製品があります。

全周放射式タイプは、360度すべての範囲から熱を放射して空気の流れに乗せ、部屋全体を暖めるもので、広い場所にも対応できるモデルとなっています。

反射式タイプは、ストーブの中に設置された反射板を使って、熱を前方に伝える仕組みになっていて、狭いお部屋や局所的な暖房に向いています。

使用するお部屋の広さや用途に合わせて、ストーブのタイプを選びましょう。

 チェックポイント4
メーカーサイトをチェックしよう

ガスストーブは、製品の機能や性能にそれほど差がありません。

注意しなければならないのは、使用するガスの規格や、使用する場所にガスの配管工事が必要かどうかという点なので、それらを確認の上、商品の購入を検討しましょう。

リンナイ(Rinnai)

メーカーサイト:http://www.rinnai.co.jp/

ガスコンロや給湯器、ガスファンヒーターなど、ガス関連商品の開発・製造を行っているメーカーです。

ガス会社などへ製品のOEM提供も行っています。