30-40代でのメンズファッションの考え方

30から40代のメンズファッションというのは意外と難しいと感じることがあるかもしれません。

以前の大学生のような格好をするわけにもいかないですし、かといって、いかにも中年のようなスタイルにもなりたくないという気持ちがあるからです。

まだまだ若々しくいたい、でもあまり浮いたようなファッションにもなりたくないのです。

30から40代というのはそうした微妙な年頃ですし、見た目が老けてしまう場合とそうではない場合とでも変わってくるかもしれません。

ですが、やはりこのくらいの年代になると似合うのがチノパンではないかと思います。

ジーンズも悪くはありませんが、チノパンが似合い始める年代になってくると思います。

スリムなチノパンを履けば落ち着いて見えて、しっかりした大人という雰囲気を出すことができます。

これから春の時期になると、コットン系のシャツと、チノパンがとても似合います。

爽やかで明るい印象を与えることができますのでデートのときなどのコーディネートにはおススメです。

そして30から40代ではオフィスでの仕事をしているのであればスーツにもこだわりたいものです。

できるならばスーツメーカーのしっかりしたものを着ることは大人な印象を与えます。

ブルックスブラザーズやニューヨーカー、Jプレスといったメーカーは硬派なスーツを作っていることで有名であり、アメリカントラッドスタイルのスーツがあります。

とてもかっこよく、1着持っているとどこにでも通用します。

スーツでおしゃれができる年代もやはり30から40代ではできるのです。

とはいってもまだまだ若い格好でいたいという気持ちもあると思いますので、ジーンズや派手なシャツなども十分にいけると思います。

ですが、30代40代ではトータルコーディネートを意識していきたい世代です。

単なる組み合わせだけではなく、トータルとしてどうかということです。

それには靴やカバン、ネクタイなども関係してきます。

色を統一したり、マッチングするかどうかということを意識するのがメンズ40代コーディネートではないかと思います。