ちょい悪ファッションを目指して

女性がいくつになっても綺麗でいたいと思うのと同じように、男性もいつまでもカッコ良いと言われたいと思っているものだと思います。

中年になり、毎日の仕事に疲れストレスも溜まり、だんだんお腹が出てきて頭も薄くなり加齢臭まで気になりだしても、やはり男性というのはいつまでも「モテたい」と思うものなのです。

特に若者に「かっこいい」と言われたいなら、ちょい悪オヤジを目指してみましょう。

ちょい悪オヤジになるための、ちょい悪ファッションとはどういったものなのでしょうか。

まず初めに、ちょい悪を目指すには正統派の基本的なファッションを知っておかなくてはなりません。

カッコイイ正統派スタイルは、イタリアのクラシックなファッションがベースになります。

ネクタイを締め、きっちりとスマートにスーツを着こなした清潔感のあるスタイルです。

その基本スタイルにカジュアルな物を取り入れて上手に着崩したスタイルが、ちょい悪ファッションになります。

着崩すと言うと、一歩間違えると単なるだらしないファッションになってしまいますが、清潔感のないファッションではちょい悪とは言えません。

清潔感を持ちつつ、上手に着崩すのが大前提となります。

シャツのボタンは上二つは外しますが、パンツは腰履きではなく、きっちりとウエストまであげて履きます。

さらに、若者に支持されるためには若者の流行にも目を向けていなければなりません。

ジャケットやパンツはゆったりめより細身のものを選び、全身細身のシルエットで清潔感のある着こなしをめざしましょう。

細身のファッションを着こなすためにも、中年太りのお腹はなんとかしておきたいものです。

清潔感も重要なポイントですから、加齢臭対策もしておきましょう。

ちょっと危険な香りのする、ちょい悪スタイルは、若い女の子にモテます。

女の子だけではなく若い男の子にもカッコイイと言われる中年男性を目指して、オシャレちょい悪オヤジファッションを取り入れてみましょう。