ボトムスをロングパンツ→ショーツに変えて夏準備スタート

まだ4月ですが、初夏のような季節になることも地域によってはしばしば。

暑いと肌に張り付く生地が不快に感じて、「ああ、そろそろショーツだな」なんて勝手に納得することもあったりします。

皆さんショーツはどんなのを穿いてますか?今年も去年と同じようなスタイルだったり、まさかしないですよね?今年は断然、膝上丈で靴は素足がマスト。

それでいてスポーツMIXに仕上げるのが今年流です!

シアサッカー生地で涼しげショーツを味方につける!

夏場、今年どのショップでも出ているのがシアサッカー生地。

日本では「しじら折り」とも呼ばれるこの生地。

独特の縞模様があり、さらりとした生地感が特徴。

浴衣にも使われる生地をショーツに使い、新たな着用感を生みだしました。

綿100%の優しい生地感は夏場にもってこい。

トップスはTシャツ、シャツ、ポロとアイテムを選ばずコーディネート可能。

もちろん足元は初夏はスリッポン、夏はエスパドリーユやサンダルを合わせとGOOD。

どこか懐かしく、馴染みのある生地は、日本でも昔から親しまれていた生地だからですね。

夏の定番、麻混のショーツも膝上丈で

夏素材の麻(リネン)。

清涼感のあるその生地感は、綿と混紡したりしてこれからの季節もっとも活躍する素材のひとつです。

シワになりにくく、さらりとした生地に仕上がるのが特徴で、ショーツの素材にもぴったり。

加えて生地の密度にも余裕があり、通気性も◎いつもチノショーツばかりの人は、是非1度トライしてみることをオススメします。

合わせ方はチノショーツと同じ。

季節に合わせてスリッポンやサンダル、エスパとも相性バツグン。

カジュアルにもキレイ目にも合わせやすいショーツに仕上がっていて、トップスもえり好みしない優秀さ!

一発で夏Ver。

それはボタニカル柄のなせるワザ

昨年に引き続き、このボタニカル柄の人気も継続。

今年は大きな柄が流行とあって、このショーツもインパクト抜群の仕上がりに。

レーヨン、ポリエステル、ポリウレタンの混紡生地でさらりとした穿き心地を実現しています。

穿くだけでコーデは夏Verにレベルアップする魔法のパンツは、全体的にシンプルにまとめるのがポイント。

無地T、地味色スリッポンなどで下半身のショーツに目線を持っていくのが、40代のファッション男性にオススメコーデです。